かなわない夢はない


by hira_hidenobu

アメリカ旅行プレゼントのikiiki_manさんより!

昨年アメリカセミナーをプレゼントさせていただいた
ikiiki_manさんからレポートをいただきました。

少し長いですがすばらしいレポートなので皆様にもご紹介させていただきます。



はじめに
今回このような素晴らしいセミナーツアーに参加させていただきありがとうございました。
ブログへのひとつの書き込みから人生が変わる。
アメリカマーケティングセミナーツアーに参加させていただいている間、感じていました。
ツアーでの見聞を通して学ばさせていただいたことをレポートにまとめました。


第1章 はじめてお会いする平先生とそのブレーンの皆さん

3月17日

17日13:00成田空港集合
平先生には初めてお会いすることになるのでドキドキしながら集合場所へ向かう。
集合場所でエリックさんに会う

その数分後平先生が登場。ポールスミスのジャケットに青のシャツそして、
いつもブログで見る笑顔、生の平先生の登場。気持ちがぐっと引き締まる。

平先生、廣田社長、安倍社長、井上社長、浜田社長、細谷常務、網倉さん、
それに杉田の総勢8名の旅が始まりです。

出発までの待ち時間、食事を取りながら自己紹介がはじまりました。
皆さんそれぞれの分野で成功されている方ばかり。
そんな中、突如参加させていただいたわけです。

フライトまでの事前打合せ。
3倍プロジェクトの意気込みをビデオ撮影。旅行工程の確認
ビデオに向かって一人一言メッセージ
DRMを体に染込ませている皆さんは一言のキャッチが絶妙に上手い。
さすがと思いながら自分の番になりました。
私の場合は3倍プロジェクト達成への決意表明がせいぜいでした。
“成功者は一瞬の一言で聴衆を魅了する”
その瞬発力も抜群であることを痛感した場面でした。


平先生をはじめ参加されている皆さんは神田先生の実践会のころから
お付き合いをされており、新参者の私にとっては雲の上の存在の方ばかりで、少々気後れしていました。

皆さんの出来上がった空気のようなものがあり、
そんな中に紛れ込んだ幸運なヤツ状態になっていました。

こんな素晴らしい方達に同行できる幸運に緊張感を覚えるとともに
平先生に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
3倍プロジェクトに活かせるよう今の自分に必要なこと、
成功するためにモノにすべきこと、何か必ず掴み取ろうと決心して出発ロビーに向かいました。

飛行機の中では網倉さんの隣の席でした。
網倉さんのアメリカ留学のことや網倉さんから見ている平先生についてお話を伺いました。
網倉さんは会社の中での自分のポジションを良く考えて行動されており、
ボスである平先生の求めているものを感じて、理解して、確認して、
そして改めるべきところは改めて進もうとする姿勢がとても伝わってきました。
社員として、とても素晴らしい姿勢であるとともに組織人として動くときの考え方、
ポジションの取り方を学ばせていただきました。

そして、今回のツアーのコディネーターでもあり、
コーディネートする中でも多くの学びを得られているようで、
どんどん前向きに取り組まれている姿に感銘いたしました。
裏方としての立ち回り方なども配慮されており、そういった点でも学びになりました。


ミネアポリスでトランジット
いよいよアメリカへ到着
入国審査をしてテキサスへトランジット

入国審査待ちの時、平先生は前に並んでいる日本人に気さくに話しかけられ、
廣田社長の週刊誌フラッシュに掲載されている写真を見せてPRをされていました。
人と接するときにはインパクトのある印象を与えることを自然に行うことをされていることに、
成功者はやはり違うと感じたものでした。

条件反射になるまで体に染込んでいることを垣間見ました。
“条件反射になるまで自分を変革していくことが必要なんだ”
と大きな気付きをいただきました。
ちなみに話しかけた日本人は若い女性グループでした。


いよいよテキサスに到着
宿泊先はホリディイン セレクト ここが今回のセミナー会場です。
夕方頃ホテルにチェックイン

その後食事に向かう。
テキサスならではのステーキハウスに行く。
一同面しての2回目の食事

アメリカ滞在の平先生のブレーンでもある方が一人加わり
平先生の人脈の広さを知りました。昨年平先生が1ヶ月のアメリカ滞在しているとき、
平先生に魅力を感じて今回もテキサスまで来られた方でした。

 “人を魅了する魅力をどんな場面でもされていることを学びました。
そしていろいろな人脈から現地での生の情報を得ていらっしゃることを垣間見ました。


また、一同に集まった食事では、様々な話題がでて、終始笑い声が絶えないのですが、
そこには深い学びになる話題が飛び交っています。
成功者はどんな場面でも楽しくに場を作り上げ、
情報を交換し常に切磋琢磨している雰囲気を感じました。

また、それぞれ参加されている方は、しっかりとしたポジショニングを持っており、
USPを持ち自己のポジションを明確にすることの重要さを改めて理解しました。


第2章 マーケティングセミナーおよびプールサイドミーティングでの学び

3月18日(金)8時開場受付
テッド ニコラス先生とジョエル クリストファー先生のダブルバースディパーティと
マーケティングセミナーに参加

大和魂に喝采
このとき日本から参加した平先生一行は、なんと着ぐるみで開場へ入場。
俄然注目度NO1

アメリカ中いや世界中から集まっている参加者の中で着ぐるみを着て
セミナー会場に出ることの度胸と心の余裕を垣間見ました。
同じように着ぐるみで参加した自分自身も初めはドキドキしていましたが、
心が落ち着いてくると注目されることの面白さが分かってきました。

一瞬にして会場の注目をあび人気者になる方法をまざまざと見せ付けられました。
どのように自分を表現して周囲の注目を得るか、理解してもらうか、とても学びになりました。

そして更に、平先生は主催者のテッド ニコラス先生へ、1億円の札束プレゼント。
俄然注目と写真撮影の嵐。素晴らしいセッティング。

場の空気を読みながらオープニングのほんの15分程度でこのように
日本人のユーモアをたっぷり伝え、印象に残していく手腕は
あっぱあれとしか言いようのないものでした。

ここまでできる精神状態になるには相当な鍛錬と場数を踏まれてきていることは
容易に想像できました。しかし、ここまでになるにはやはり、
相当な目的達成へのこだわりと、毎日のマーケティングメソッドの
実践しかないと改めて思いました。


新聞記者もいて、アメリカの新聞に掲載されるようなことをいっていました。
そのままパブリシティ成功

それからは、日本人は面白いと言ってセミナー参加者からは声を掛けられ
コミュニケーションがスムーズにいきました。
着ぐるみを脱いでからもロビーを歩いているだけで声を掛けられるなど
相手からどんどん声を掛けられるようになっていました。

“立場逆転の法則”とでも名付けたくなるような軽快な出来事でした。
 セミナーは全て英語であり、言葉の壁があり意味を捉えきれていないが、
テッド 二コラス先生のセミナーでは、DMの重要なキーワードなど聞けて参考になりました。
英語そのものは分からないのですが、セミナーの場の空気でどこが重要なのかが
感覚的に分かる不思議な感じがありました。

 テッド ニコラス先生のセミナーで特に重要といわれていたところの
人気のある29のヘッドラインワードを記載します。
1)Announcing     
2)Secrets of
3)New

4)Now
5)Amazing
6)Facts You

7)Breakthrough
8)At Last
9)Advice to

10)The Truth of
11)Protect
12)Life

13)Here
15)Do you
16)Bargains

17)Yes
18)Love
19)Hate

20)How much
21)How would
22)This

23)Only
24)Sale
25)Free
26)You
27)How to



 午前中にメインスピーカーであるテッド ニコラス先生と
ジョエル クリストファー先生のセミナーは終了したので
午後からはプールサイドでミーティングをされていた、
廣田社長、安倍社長、井上社長、浜田社長に合流し、お話を伺っていました。

廣田社長、安倍社長から事業のヒントになるお話を伺いました。
私が取り組んでいるビジネスのヒントです。とても参考になりました。
その日のうちに日本にいるブレーンにメールして取組むよう指示しました。

既に実践をし続け成功されている方達からのお話は、
また多くの気付きとアイデアが飛び出てくるものであることがわかりました。

こういった空気に接していることで成功することが
当たり前のような感覚になっている自分にも気づきました。
成功すればするほどより多く成功するようになるのは、
成功することが常識であり、成功者の下には次なる
成功の種が現れてくることも感じました。

プールサイドミーティングは、私の抱えていた問題の答えがほとんど見つかり、
聞くことがなくなるぐらいでした。質問しなくても、自分が聞きたかった話題が
ポンポン持ち上がり記憶するのが大変でした。
これは価値千金、他に比較できないほどの価値がありました。

テキサス郊外では

3月19日(土)
翌日はテキサスの町やテキサスらしさをもとめて散策しました。
歴史博物館で記念撮影した後、テキサスの自然や牧場を巡りました。
郊外の地元民が訪れる食堂では、日本人を珍しがっていたようで、相当田舎に来ていました。
 
その田舎で牧場、見晴らしのいい丘、湖、川と興味を持ったものには出向いて見てみる、
そして納得すれば直ぐに切り替えて次のことに取り組むスピードを学びました。

そんな日本人の一行をみていた現地人のガイドは、
なぜ田舎の風景をこんなに見たがるのか理解できず、心配していたとのことでした。
こんなところばかり案内していたら満足してもらえないのではないか。
と心配していたのでした。

現地の人にとってはいつもある当たり前の風景であり、
なぜ日本人は見たがるのか理解できないわけです。
価値とは生まれた背景や生活環境によって人それぞれ違うために、
ある人にとっては当たり前と思っているものを、
他の人からみればとても価値のあるものになることに気づきました。
今まで当たり前と思っていたことを他の人の視点で見て
新たなる価値を見出すことが事業そのものであることを理解しました。

そして更に成功者の方達と一緒にいると全て気づきになるように
話題が流れていくことに驚きました。
そして、こういった環境に身をおくことは成功の条件の一つであることを感じました。

3倍プロジェクトや地方での勉強会はこのような効果をもたらすものであることを
改めて理解しました。平先生には3倍プロジェクトという環境まで
用意していただけていることに気付き感謝の念でいっぱいになりました。

夕方は、テキサスで一番高いところにある展望レストランに行きました。
億万長者が訪れるレストランと聞くや否や直ぐに行くと決める平先生。
積極的に求めることで新たな出会いが生まれる。
自ら積極的に億万長者のいるところに出向かない限りは出会えない。
躊躇することなく行動することをのすばらしさを学びました。


第3章 世界の中心ニューヨークでは

3月20日ニューヨークへ移動です。早朝出発して夕方に到着する。
移動だけでも1日かかる。アメリカの広大さを身にしみて感じた1日でした。

 夕食は、韓国料理店にいく。
 その後、ジャズの総本山ブルーノートに行きました。

この日も平先生が昨年アメリカに英語留学されたときのご友人が合流され、
1年ぶりの再会を喜び合って折られる姿を拝見しました。
人脈の作り方、印象の残し方がとても参考になりました。
年齢層を問わず誰彼とも人脈を広げるだけでなく、
相手の方も心から再会を喜ぶ関係を作られていることに凄さを感じました。


3月21日グランドゼロに行く。
 その後吉野家で牛丼を食べる。
 昼食後は各自散策。
 夜はすし屋で食事をする

3月22日アウトレットを視察。
 ひとつの町ほどある広大なアウトレット。250店舗が入店している。

最終日の夜はロバートデニーロが経営している和食レストランで食事。
完全予約制で予約受付とともに予約が入って満員になる店です。
なんともいえぬ美味しい料理ばかりでした。値段もそれなりの値段です。

この日も、スタイリストをしている方、アメリカのマーケティング会社の方が合流しました。
どこまでも人脈の広さに感服しました。
アメリカの様々な分野の様々な立場の方との人脈を
昨年の1ヶ月の留学時に作られているスピードに驚愕しました。
 
 人脈拡大のメソッドを是非お願いしたいと思いました。


ニューヨークでは、食事をしたり、お茶を飲んだりしている時は、
マーケティングの視点での会話となり、ビジネスアイデアが飛び出したり、
それぞれ抱えているテーマの答えがえられたりして
この相乗効果の凄さに度肝を抜かれました。

DRMやマーケティングの基礎のメソッドを共有化しているからこそ、
相乗効果が大きく出ており、平先生からご提供していただけているメソッドを
基礎として実践しながら学ぶことの重要性や有効性に改めて気づきました。

そして成功者は更に自己投資していくこと、人脈を広めることから、
見聞をひろめたり、自分の持っていない視点を求めて
どんどん自己投資していくことも大きな学びとなりました。



アメリカツアーを通しての心の成長

私は3倍プロジェクトに参加させていただいている現在、
お金の面ではマイナススタートとであり、尚且つ裁判で争っていることがあります。
信念のもとあえてしているのですが、そして3倍プロジェクトで
事業を発展させていくには仕事に集中できなくなるので
この裁判を止めたほうがよいのか迷っていました。

幸いにも移動中にこの件について平先生や諸先輩方にお話を伺うことができました。
平先生が独立されたときには1億円の借金からスタートされたときの心境を
伺うことができました。その結果、私は自分を信じ信念に基づいて
行動をしようという結論に達しました。

そして迷っている暇があったら全力で全てに当たろうと決心することができたのです。
なんとも心が開放された気分でした。
今あることを自らのテーマとしてきちっと真向かい前進していきます。


第4章アメリカマーケティングセミナーツアーで学んだこと

今回のツアーでは数え切れないくらい多くのことを学びました。
学んだことを書き出ししてみると
>> 人の心を鷲づかみにするコミュニケーション
>> 出向いた先々での人脈の作り方
>> 発展的な仲間の作り方

>> 信じて進むことで実現できること
>> 自分を印象付けるための方法
>> 主催者として参加者を引っ張っていく方法

>> 挑戦すべきもの、挑戦しないものの見極める方法
>> 本業と副業の考え方
>> 新しいことに取り組むときの極意

>> 社員への労いや配慮の極意
>> 会社を運営する上での覚悟の仕方
>> マイナススタートするときの心得

>> 金持ちは金持ちの集まるところに集まること
>> 会社7人収益最大の法則
>> 自分の殻を破る方法

>> 個性のある人間をまとめていくための作法
>> 意思決定のスピード
>> 好奇心(何でも関心の向いたものは試してみること、そして自分でもう理解し
   たとなったらそれ以上深追いしないこと)

>> 自分の特性を超えたことはしないこと
>> 目的指向
>> 無から価値あるものを見つけるための行動力

>> リーダーとしての立ち回り
>> 場をつくる会話術
>> どんな環境においても学ぶことの姿勢
>> 向上心のあるグループで学びあうことの重要さ
>> お金、エネルギーの集中投入の方法

短期間のうちにこんなにも多くのことを学びました。更に自分で意識できていないことを学んでいると感じています。
 
この1週間のアメリカマーケティングセミナーツアーは1年いやそれ以上の期間かけて経験して気付くことを濃縮して学べたツアーでした。


最後に
日本に帰ってレポートを書くことで、本当に人生は一つの出来事から
大きく変わることを実感しています。
私の場合は毎日が利益のブログの書き込みから
人生の流れが転換していることを今新たに感じています。

平先生が次なる成功者を生むために公開していただいている
DRMやMMSは今回の学びの柱になるっているものであること。
こういった成功者になるための基礎を徹底的に身に染込ませていくことが
更に重要であることに気づきました。

今回は強運にもセミナーに参加させていただくことができましたが、
基礎を身に染込ませることで自ら掴み取っていくことができるようになりたいと
野心も出てきました。

平先生をはじめ、参加されていた諸先輩方から
貴重な学びをさせていただけたことに感謝申し上げます。


今思えば、詐欺に被害を受け、人間不信になっていた私に
平先生のクリスマスメッセージが昨年末届きました。
平先生ご自身が自らを信じてどんどん前進されている姿に感極まり、
人を信じたい、そして平先生にお会いして、どうしたらそこまで自分を信じ、
人を信じて前進することができるのかお聞きしたいという思いで
毎日が利益に書き込みました。

その結果、今回平先生に直接お会いする機会をいただくとともに
皆様から多くの学びをいただきました。 
求めて真剣に向かっていけば3ヵ月後に現実化していたのです。
このことに驚くとともに

 “自分を信じて、仲間を信じて前進していくことの素晴らしさ”
を徹底的に学びました。

これから3倍プロジェクト真剣に真向かい前進していきます。
そして実践報告をどんどんできるようにします。



最後の最後に
平先生このような素晴らしい機会をおあたえ下さり本当にありがとうございます。
どんなに感謝申し上げても感謝がたりません。

実践してご報告していくこと、そして成功者へとなっていくことが私にできることと肝に銘じております。

平先生 ありがとうございました。
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-03-31 20:19 | 自分のこと