かなわない夢はない


by hira_hidenobu

最後の一瞬とは・・・

ヤンキー先生と北海道で飲んだときのことです。
先生を自宅までタクシーで送っていきました。先生を下ろし、私達はまたタクシーに乗り込み来た道をUターンして帰りました。

ふと、振り返ると、先生は頭を深々と下げられ私たちを見送っておられました。
私たちの乗ったタクシーが見えなくなるまで、長い時間最敬礼をされていたのです。
知り合って数時間しか経っていない私たちをそこまでして見送る姿をみ、この人は本物だ・・・と思いました。

田坂先生の講義を聴きにいった時、やはり聴衆を見送るとき先生は、エレベーターに乗った人達がドアが閉まり下って行ってしまっても頭を下げられていました。

私の会員のSさんも大雨の中、見学会に来てくれたお客さんを自分の傘で、お客さんをぬれないように車まで誘導します。そして、お客さんの車が見えなくなるまで、自分はびしょぬれになっても、頭をさげ続けていました。

別に傘を差して見送ればいいじゃないか・・・
お客は見てないよ・・・

そう思うかも知れません。

私もできていません。やったほうがいいのは分かるのですが、つい、めんどくさがったりしています。人間が出来ていませんから。

お客が見えなくなるまで最敬礼する。これに限りません。新潟には笑顔日本一という会社もありますし、私の知り合いには、電話の挨拶長野県1という人もいます。
小さなことでも、徹底的にやることで、お客の心をつかむことが出来るのだなーと思いました。


安部さん、柳の下さん、正解です。おめでとう。私からの特別なプレゼントを受け取ってください!
送り先を林まで連絡ください。
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-08-29 21:26 | マインドセット