かなわない夢はない


by hira_hidenobu

サイコロを振って決めるとき

私の尊敬する田坂先生より、興味深いメールが届きましたので、シエアーしておきます。田坂さんの言葉はいつも心に深くしみこみます・・・

 ある企業で、マネジャーの田中氏が、
 重要な商品開発プロジェクトの意思決定に直面しました。

 市場の調査と分析も徹底的に行い、
 会議でも衆知を集めて議論を尽くしたのですが、
 それでも、この商品開発に踏み切るべきか否か、
 メンバーの意見が定まらないのです。

 そして誰よりも、
 その意思決定の責任者である田中マネジャー自身が、
 決断できないのです。

 典型的なハイリスク・ハイリターンのプロジェクトであり、
 不確実性が大きく、極めて難しい意思決定でした。

 しかし、意思決定のタイムリミットは来ています。
 その会議で、どうしても結論を出さなければなりません。

 会議のメンバーからは、
 「田中さん、決めて下さい」との声が無言で伝わってきます。
 メンバーは田中マネジャーの力を信頼しています。
 最後は田中マネジャーの直観力に委ねようとの雰囲気です。

 そうした雰囲気のなかで、
 田中マネジャーは目をつぶり、
 しばし黙して考え込んでいましたが、
 ふと目を開けて言いました。


  よし、サイコロを振って、決めよう。


 唖然とするメンバーの前で、
 偶数ならプロジェクトの実施決定、
 奇数ならプロジェクトの実施見送りと宣言し、
 田中マネジャーは、静かにサイコロを振りました。

 全員が固唾を飲んで注視するなか、
 果たしてサイコロは「偶数」と出ました。
 プロジェクトの「実施決定」です。

 その瞬間に、田中マネジャーが言ったのです。


  やはり、このプロジェクトの実施は見送ろう。


 さらに唖然とするメンバーを前に、
 彼は、言葉を続けました。


  いま、サイコロの目が、偶数の「実施決定」を示した瞬間に、
  心の深くから、「いや、違う」との声が聞こえた。
  自分の直観は、やはりプロジェクトの実施見送りを教えている。
  自分は、その直観を信じるよ。


 田中マネジャーにとって、サイコロは、
 自身の心を映し出す「鏡」だったのです。



 2001年11月22日
 田坂広志
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-11-22 15:11 | マーケティング