かなわない夢はない


by hira_hidenobu

感謝状作戦その2

それでは感謝状作戦をお話ししましょう。その前に・・
斉藤一人さんへの作戦は、、皆がまねをすると一人さんが迷惑をするので絶対にやめてください。

感謝状をもらう作戦ですが、エルハウスには、山のような感謝状があります。しかし、ただ感謝状をもらっても仕方がない。それを何のために使うのか?を明確にして、どんな感謝状がほしいのかを決めてください。

大切なのは、相手に先に利益を与えることです。
つまり、この人から感謝状を欲しい!と思ったら、相手の商品を先に買う。しかも、誰も買っていないくらい大量に買うのです。

今回一人さんの場合は、たぶんですが、ふつうは1個買います。多くても10個。

私は、1000個買った。

まあ、それほどの違いがあったと思います。
しかし、ものを多く買ったからといって、感謝状はもらえません。ではどうやったのか?

その物を使った感想、聞いた感想を大量に集めて、感動の声の束として送ったのです。
それでも、感謝状をもらうことはできません。

では、どうやったのか?

「感謝状を絶対にください!」という声を添えました。
そして、なぜ感謝状が欲しいのか?その理由を感動的な理由を考えて書いたのです。

ここまでしてやっともらえるのです。

簡単ではないですよ!頭を使い、相手の心理を考え、どうしても感謝状を贈りたくなるほどの状態にしていったのです。

さて、感謝状を何に使うか決めたら、もっと簡単にもらうことができます。
例えば、業者です。

エルハウスには、たくさんの下請けがいますが、そのすべての業者から感謝状を集めました。
そして、それを玄関から入ったところに飾りました。

「下請け業者から感謝状をもらう会社」
として、口コミが広がるでしょうね。ニュースレターにも使えます。チラシにも使えます。

同じように、お客様の声を感謝状という形にしてもらえば、様々なことに利用できます。
こんな時も、何のために感謝状を欲しいのか、集めているのかをはっきりと、先方が涙するくらいの理由を考え、手紙を書くのです。

ただ、くださいといってもそれは無理ですよ。

では、今回はここまで。

追伸
インターネットビジネスの教材でおもしろいプロジエクトが始まっています。がんばって挑戦してくださいね。
[PR]
by hira_hidenobu | 2006-04-19 23:18 | マーケティング