かなわない夢はない


by hira_hidenobu

6月30日 HIT訓練

私がVIPさんに配っている予定表に来週1週間「HIT訓練」にいくと書いてあった。
VIP会員さんが何の訓練ですか?と聞かれた。私がいまさら、料理や、国語の訓練をしても仕方がない。ダイエットの訓練でもない。
では何の訓練か?
・・・・・・
やっぱ、お話できない。すいません。実はこの訓練の内容が、本になる予定である。「平秀信最後の言葉、全集20刊」定価120万円。多分出版業会の常識を打ち破る、非常識な本になるだろう。またの名を、「あなたの会社が90日でつぶれる」にしようかと思っている。

私の大好きな言葉に、
「濡れ手にあわ」
「棚からぼた餅」
「論より儲け」
「犬も歩けば疲れる」
などがある。「濡れ手にあわ」とは、何の努力もせずに、大きな成果を手に入れることができる、私の今までの商売のすべてを表している言葉だ。努力しないで、楽して儲ける。本当にいい響きだ。しかし、それよりももっと尊いのは、努力して、苦労して得た、100円であることは、言うまでもない。

人生や生き方については、過去の偉人たちがほとんど言い尽くしてきた。いまさら論ずることはない。しかし、なぜか、それを論じた自己啓発本は後を絶たない。
「今日を楽しく生きる10の方法」
「心が豊かな小金もちになる方法」
「がんばらない」
まあ、ごまんと出てくる。しかも売れる。みなが心のよりどころを求めているのか?本当に生き方を追求したいのか?

私がお勧めするのは、田坂広志先生の「なぜ働くのか」という本である。ぜひ読んで欲しい。

今日はジョークなしで終わってしまった・・・
こまった。
そういえば、思い出さなければいいことを思い出したが、タロさんの新刊が出た。「裏帳簿の進め」というタイトル。人を食ったタイトルというか、つかみがうまいというか・・・
タロさんから送られてきたので、ほとんど12時間くらいしか寝ていない忙しいなかで、読んでみた。すると!
あまりの内容に寝てしまった。しかも熟睡。私が寝てしまったときは、その本はいい本であると評価している。

タロさんにメールで、「分けわかんない本で寝てしまいました。あれは睡眠薬でも入っているのですか?」と送ったら、「平さんがそのように高い評価をくれるときは売れる!」
と分けわかんない返事が来た。
結局その本は売れていて、アマゾン3位まで来た。

追伸先日怪しい禿の親父の写真を掲載したら「あのたこは何だ!火星人か?」「これほどすばらしい形の頭をはじめてみた」「なぜあの頭ですばらしい筆文字が書けるのか、300字以内で答えよ」などの励ましのメールをいただいた。ありがとう。
以下の写真の絵は、筆字が西潟さん、絵が私の絵である。オーストラリアの巨人近藤とうた氏に送った肖像画である。
a0024307_9341.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-07-01 00:14 | 自分のこと