かなわない夢はない


by hira_hidenobu

バリ島セミナー

 「社長今回は大丈夫でしょうね?」とアシスタントが心配そうに聞いてきた。「今回は大丈夫・・・だと思う」
何のことかというと、バリ島でセミナーを行うのですが、それをちゃんとやるか心配しているのです。なにせ、アメリカビジネスツアーを直前にキャンセルした経験があるので、みなが心配している。「平さん今度中止したら切腹ものですよ」「バリ島は海外ですけど知っていますよね?」「誰かに任せたほうがいいのではないですか?」など、暖かい励ましの声をいただいた。
相棒のタロさんまでもが「俺が企画しようか?」という。そこまで私のことを心配してくれるのか?!さすが相棒と思ってアシスタントに「どうだ!タロさん俺のことをここまで心配してくれているぞ!」「社長、タロさん単に自分にクレームが降りかかるのが嫌なのだと思います」さすがアシスタント。タロさんの性格を見抜いている。タロさんの性格を説明するには原稿用紙で300ページほど必要だが、その中で特徴的な3点をあげると、
1.自分さえ良ければいい
2.本さえ売れればなんでもする(私でさえ使いまわす)
3.緑色が好き

まあ、売れているのでひれ伏すしかないのだが・・・

バリ島セミナーなにをやるのかというと、「あなたもベストセラーを出せる!」という企画で、フォレスト出版の社長も同行する。企画内容はタロさんが3日間寝ないで、風呂にもはいらず、子供と遊びながら考えている。たまにはまじめにやって欲しいと思うのは私だけではないはずだ。俺も本を出してーという人は、メルマガなど見てちょんまげ。

追伸
ガッツ伝説。面白かったと書いたが、TVのエンタの神様のガッツはまるで面白くない。ただのおばかさん?かも。質問を受けて考えて答えていたので、これは偽者だとすぐに分かった。本もかなり作っているね。あー。悪口ではありません。本音です。では。
[PR]
by hira_hidenobu | 2004-07-27 22:25 | 自分のこと