かなわない夢はない


by hira_hidenobu

カテゴリ:ビシャスセールス( 7 )

こんにちは。インプロビックのエリックです。
今日もお仕事、お疲れさまです。

本日は、ビシャスセールスセミナーについてのご案内です。
お役に立てる方も、いるかと思います。

去る、2005年7月2日、3日東京の飯田橋で、
ビシャスセールスキックオフセミナーが、行われました。

それから2ヶ月。

ようやく、オープンでビシャスセールスセミナーを、公開することができる
ようになりました。

今回のビシャスセールスセミナーは、今話題のあの「サイグラム基礎講座」と
セットで受講できます。
ご興味のあり、お役に立てそうな方は、、応募下さい。

いつも、ありがとうございます。

・10月19日 (水曜日) 東京会場   (残り4名さまです)
http://www.psygram.jp/tokyovicious/

・10月25日 (火曜日) 名古屋会場 (本日から募集開始です)
http://www.psygram.jp/nagoyavicious/会場でお会いできるのを、楽しみにしています

インプロビック
エリック

追伸
ビシャスセールスには、興味のない方へ
サイグラム基礎講座が、10月後半に行われます。
夫婦関係、親子関係など人間関係のコミュニケーションスキルとして
お役立て下さい。

・10月下旬の東京会場のご案内はこちらです
http://www.psygram.jp/tokyokiso/
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-09-17 17:56 | ビシャスセールス
「セールスに出たい!もっと売りたい!」

現在、社員のセールス能力のバラツキで悩んでおりました。
また、少人数の会社ですので、効率を上げていかねばならないのですが、
今までは業界の半分の効率でした。今回、ビシャスセールスセミナーを受け、
非常に効率的なセールスの方法が分かったことと、
それを社員と共有するための方法まで分かったことで、早速明日から
実践していきたいと思います。

久し振りにセールスをしたくなりました!
今すぐにでも試してみたいすごいノウハウでした。
必ず結果を出して、ご報告いたします。ありがとうございました。

                                 細川 勝一郎さん


「こんなことを聞いても失礼じゃなかったんですね・・・」

ビシャスセールスを受けて自分に何が足りないのか分かりました。
こんなこと聞いたら失礼なんじゃないかと思っていることも正直に言っていいのだと
分かりました。
そしてあまり契約を急がず、じっくりとお客様の話を聞き出すことが
重要だと思いました。

ロールプレイングではしどろもどろになりましたが、実践の前に練習できて
良かったです。これをやっていなかったらどうなっていたことか・・・
ありがとうございました!

                                    山岡 和夫さん


「今までのセールスの常識が音を立て崩れ去りました」

今までの6年間の営業人生の中で、自らをトップセールスとして自分の
セールスに自信を持っていました。
だから正直始めセミナーを受ける前は「おれのやり方の方がスゴイぞ」と
確認しようと思っていました。

ただ・・・セミナーが始まった途端自分のセールスで分かっていなかった事
さえもズバズバ科学的に実証されていって気付いた頃には
「これを身につければ、 今までの営業なんて必要なくなるなぁ」と感じ、
一心不乱に吸収し、ロープレで実践していました。
心のモヤモヤがスッキリしました。

早く帰って営業取ってきます!!

                                近重 光太郎さん


「商品を買わずにはいられなくなる・・・このテクニックは秀逸です」

2日間と、短い期間でしたが、非常に多くのことを学びました。
短文で事業内容、商品を買わずにいられなくなる方法。
パターンを踏めば成約率が格段にアップすること。

以上はロールプレイも含めて他では到底学べなかったと思います。
まだまだ身に付けるには多くの時間と経験が必要になると思いますが、
早速本日から妻とのコミュニケーションの中でスタートします。

特にセールスポイントを一文でアピールする方法を早期に習得します。
参加したのとしなかったのでは最低一年間の苦悩期間を数百万円
セーブできました。誠にありがとうございました。

                                秦 一成さん

「これで一気に年商3倍いけます!」

私はもともと他人よりもセールスが上手いと自信があるのですが
契約がなかなか取れない社員にどう指導したら良いのか正直全く分からず
毎日悩んでいました。

しかし・・・今回のこのセミナーに参加させていただきそんな悩みが
見事に吹っ飛んでしましました。

このセールスメソッドは本物です。
自信のあった私自身も更に磨きがかかったことはもちろんですが、
このセールスメソッドを実践すれば営業経験ゼロの素人でさえ何でも
売れるようになってしまうことは間違いありません。

今回のセミナーに参加された方の中にはそんな方はいらっしゃいませんが、
このメソッドを悪用されたらと思うとかえって心配になってしまいます。

ですから個人的には他の人に知られたくありません。
断言出来ます!
これで一気に年商3倍は間違いありません。

                             都倉健太さん


「自分が、セールスについて何も知らないのだと分かりました・・・」

私は本当に「セールス下手」でありました。
ホームページのセールスレターの決意とは裏腹で実際に会ってみて
「大丈夫かなこの人」と思われる人がおられるのが悩みでもありました。
「堂々とセールス出来る様になりたい」と思う一心でこのセミナー
を受けたのです。

セミナーを受けて一番感じたのは「セールス下手」であると思っている以上
にセールスに関して何も知らないのだと思い知らされました。

ロープレで話を続けなければいけない状況になった時詰まって詰まって
仕方がありませんでした。途中自信が無くなり
逃げ出したくなってしまったくらいです。

最初に平先生が「Aさんにスーツを売れたら一人前です」と
おっしゃられました。スーツに興味がなく、営業のプロであるAさんに
売るのは大変で何度も凍りつきました。

ですが運良く2日間とも一番手強いAさんのそばに座ることができ
最悪のセールスをすることでダメな部分が明確になりました。

                             清水 義雄さん


「この質問法は一生の財産になります」

セールスもそうですが自分のセールスの姿を通していかに
自分が一般社会の常識に縛られているかが分かり殻を破るという
感覚を初めて味わうことが出来ました。

セミナーで特に1つ大切なものをいただいたとしたら
「I・fの法則」というものでした。

1日目でこれを学びその夜にヘッドラインを作ったところ20本を20分、
しかも今までのレベル以上のものを作れた手ごたえがありました。

本当に驚きました。IFの法則の使い方は、一生の財産になると思いました。
2日間で表情が良くなったと彼女に言われました(笑)。
人生は楽しいです。

                             伊勢 隆一郎さん


「圧倒的な成約ができそうです」

ビシャスセールスの本質は、お客様にとってはとても親切でどこまでも
本気に真剣にお客様のことを考えているから出来るものであることが
よく分かりました。

小手先のテクニックというより営業のあり方、営業の本質に迫るものでした。
この営業の本質を体にしみ込むまで実践すれば圧倒的に
成約していくことを実感しました。

お客様のためになり、そして圧倒的な結果の出せるビシャスセールスで
業界の風雲児になります。

                             オフィス田中 田中康弘さん
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-03-17 17:00 | ビシャスセールス
廣田さんからすばらしいメソッドを提供してもらいましたので公開します!

あ、3倍クラブの方はお知らせがありますので、3倍クラブの方へ!

状況つくりが大切です

1、まず、自分より強い相手とやらない。同じ地域で何からなにまで上の同業者がいたとしたら、エリアを変える、売る商品を変えるなどをしないと勝てない。

2、自分より弱い相手とやるときでも、絶対勝てる状況を作る。相手が弱いからと言ってうかつにいくと思わず足元をすくわれる。念には念を入れ、準備を進めることが商売繁盛の秘訣。

3、どんな場合でも、自分が正しいときしかやらない。そうでないとモチベーションがあがらないし、相手をツメに落とし込むときにその場所が難しくなる。ビジネスで言えば、理念と言うことになるのでしょうか。会社の存在理由ということになるかもしれませんね。実際に正しい行動をしていると思えるときのほうが力は出る。

4、先手必勝。ストリートファイトでは、よほど力の差がない場合はコレで決まりです。ケンカ慣れしてる=手が早い、と同意語だといってもいいでしょう。とにかく先にやる。先駆者利益ですね。営業の場合も、先に行った人間はやはり有利でしょう。

5、まず精神的に優位に立つこと。相手をびびらせるためには、はったりも必要。相手の実力(人間同士そんなに差はない)を出させないよう、萎縮させる必要がある。やんちゃな人間が怖そうな格好をするのはこのためもある。ビジネスで言うと、会社の概観、実績など、誇張に近いものでも情報をアピールしていく必要がある。

6、ストリートファイトの場合、実際の殴り合いより、こういった「つくり」の部分が半分以上を占める。実際に動く前にほとんど勝負は決まっているし、決めてしまっておかなければ単なる腕比べになり、必ず混戦になる。ビジネスでもそのままですね。売れる商品、売れる地域、売れるタイミング、売れる方法、これらがほとんどを決めてしまいます。

7、一発目が当たったほうが勝ち。ほとんどそれで大勢は決まってしまう。相手が弱った姿を見せたら息をつかずに畳み込み、戦意を失わせる。逆に言えば、一発当たらないのに打ち続ける、業績が上がらないのにいつまでもその業界や商品にしがみついても、なかなか勝つことはできない。

8、相手の逃げ道を作っておく。戦意を失ったところでそこへ導き、謝らせるなり、落とし込む場所をつくっておく。そうでないと徹底的にやることになってしまい、恨みを残す、大怪我をさせて逮捕されるなど、こちらも大きな犠牲を払うことになる。3の必要性はここにもある。これは、戦う前から(集客する前から)次の落としこみの場所(契約、セールス)を決めておく。

9、相手の人数が多いとき、よく漫画なんかで「一番強いやつを倒せ」と書いてあるがそんな調子には行かない。複数だけでも不利なのに、その中で一番強そうなやつはそこそこ強い。てこずってる間に周りが参加して、もみくちゃにされてしまう。(私も経験があります)一番近くにいる、弱そうなやつを一発で倒さないと苦しい。そうすると、強いやつも「やばいかも」と思う。ひるんだときに落とし込む逃げ道を作る。「まだやるのか、このまま俺を帰すか、どっちにする!」とかわけのわからないことを言うと、通っていくときがある。ビジネスで言えば、地域戦略を練るときに、弱い相手のいる場所に出す、もしくは大きく強い相手(会社)のいるところには勝負をかけない。

10、相手が武器を持っていたら、こちらも持つ。できれば、相手の武器を奪うのが一番いい。それまで持っていた武器がなくなると、急に自分が弱くなったように感じるので、よけいに相手のモチベーションが下がる。以前9人(プラス木刀)を相手にしたとき、最初に相手の木刀を奪ったら、精神的にこちらが優位になり、有利に進められたことがある。ビジネスで言えば、ライバルの十八番を奪うと、大爆発できる。

11、最後は、気迫です。「断じて行えば鬼神も避く」これがあるだけでとても強いです。絶対あきらめないヤツって、強い弱い関係なしに相手にしたくない。セールスの場合も、最後はコレですね。ただ、悪い状況を延々と続ける可能性につながるので、状況は良く見る必要があります。

12、相手を観察する目が必要です。自分より強いか弱いか、そして仲間を呼んでくる状況でないか、警察に通報されないか、そういった自分と周りを取り巻く状況を瞬時に見分ける能力は大切です。場数を踏むと簡単にわかるようになります。ビジネス環境を瞬時に見分けることができるよう、常々アンテナを張り、見る目を養うことは大切なことですね。



ストリートファイトと試合とはまったく異なります。
何が違うのか?というと、まずケンカでは相手の力はほとんどわからない。戦う時間は30秒くらい。用意もできないし、ルールも無い。試合では、こちらも相手も戦力を知っている。お互いが練習をしている。(ほぼ強さが同じだからこそ試合が組まれる)研究ができる。

1、相手の倍練習する。正しい努力はウソを付きません。必ず結果は出ます。ただ、正しい努力かどうかは見分ける必要があります。大会で優勝する選手は、「信じてきてよかった」と口にします。今の努力が正しいものであるかどうかはどんな一流選手も心配しているのです。自分が正しい努力をしているかどうかを常に見極めて、人の倍努力をする。必ず一流の人間(選手)になれます。日本キック史上最強といわれた選手、藤原敏男選手は、「努力さえすれば誰でも一流になれる」と一日10時間を越えるトレーニングを自分に課していました。

2、相手の研究をする、ウィークポイントを知っておく。とくに相手が負けた試合を繰り返し見て、自分でも倒せることを実感、イメージしておく。勝つイメージと言うのはとても大切です。ジムの選手が勝ってばかりいると、若手の選手も勝ちやすくなります。「勝って当たり前(売って当たり前)」というイメージをつけるだけで、営業マンはガンガン売れるようになります。廣田塾の一番の効用はここです。月に2棟から3売るのが当たり前、と言う環境に一緒にいると、「俺もできるかも」「できるじゃん」になります。そうなると、売れるようになります。

3、面白いことに、自分の得意技を相手にやられると苦手、と言うことは意外と多い。ライバル会社が「売り」にしていることを、お株を奪ってやると、向こうはとても戦いにくくなります。「相手(ライバル)は品質がいいからなー」となれば、逆に品質を上げるといった戦略も、時には有効です。

4、一度当たった攻撃は(その試合中は)同じ攻撃がずっと当たる。これ、意外なんですね。ボクシングやキックなどの「反応」の格闘技は、一度当たった攻撃が、その試合中ずっと当たり続けます。「反応」については、人は自分を操作しにくいのでしょうね。「来るのが、わかってるだろうに」と思うような場合でも当たり続けることがあります。もし、当たらなくなってきたら、少し変化をつけるだけでまた当たりだします。広告なども一緒ですね。一度当たった広告は、何度も使えます。しばらく使って反応が落ちたら、少し変化をつける。これで、一年くらいは問題なし。

5、最初いくつかの攻撃を当てて、相手の反応が弱いところを狙う。試合が始まって、目くらめっぽう行くのはグリーンボーイ(たまにはうまくいくこともあります)。相手の探り合いが始まり、いくつかの攻撃を出した時点で、反応の弱いところが出てきます。(一流選手にはありませんが)そこを攻めるのは、当たり前のことですね。

6、自分が苦しいときは相手も苦しく、相手に合わせると疲れのペースもあってしまう。試合がだれるときと言うのは、どちらも疲れているのですが、相手と合わせてしまっていることは多いです。こんなときこそ自分のペースを取り戻さなければなりません。「自分が苦しいときは相手も苦しい、ここで踏ん張る」と言う気概が試合の流れを変えます。営業マンも、お客様の歩調に合わせすぎると、いっしょに「だれる」ことが多くあります。ペース配分はあくまでこちらが主導する、その上でお客様のご希望をかなえていくといったことを気をつけさせています。

7、相手の攻撃の当たらない距離を知る。自分の距離も知る。それを反復練習しておく。クツ半分の距離が影響する。意外と、距離とかはデリケートです。10センチ前なら聞くとか、5センチずらしたからダメージを逃れたとかは常にあります。研究する際は、そこまで相手を知りたいですね。営業マンが売れる売れないも、ほんのちょっとの距離、言い方、それが原因になっていることも多いです。

8、自分の得意の勝ちパターンを、目をつぶってても当たるくらいに練習する。一回できたからと言って、できると言うわけではなく、飯を食うことくらい自然にできるようになることが大切です。一万回、十万回のパンチの練習が、本番での一発になります。セールストークや、接客もおなじ。人間は常々考え、やっていることしかできません。トップセールスの連中にも、あらためてアポ取りのやり方を一からやり直させたりしています。

9、相手を倒す、という感覚は、実際に倒してみないとわからないのです。倒せるパンチを持っているということと、倒す感覚を知っているということはまったく別物です。一度契約した営業マンがそれからどんどん結果を出していった、と言う話を聞くことがありますが、これは「契約する感覚を掴んだ」ということですね。

10、チャンスには畳み込む。たたみこめる選手は「ツメがいい」と言われます。ここでチャンスというタイミングを逃すと、相手の選手は回復します。お客様が買おうと思ったときに契約にならないと、なかなか受注には結べません。「ツメの甘い営業マン」がいかに多いことか・・・


廣田康之
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-02-12 14:51 | ビシャスセールス
さて、今日こそタイトルの話を書くぞ。
安倍さんは、セールスの天才です。

が、

中学のころから東京で丁稚に出ていたのですが、根性がなく、逃げ帰ってきました。(成功するものは根性がある、というのは必ずしもあたっていません。)その後、S便に勤め全国2位の成績を納めました。ガソリンスタンドに勤めても新しい販売スタイルを確立しました。

その後住宅会社に移りセールスの天才性を発揮しだします。
そして独立。3年で10億円。今は80億円の売り上げに上方修正し動き始めています。
彼のセールス手法は独特なのですが、誰にでも出来ます。

彼の会社にも年間30棟以上を受注する営業マンがいます。私のところにも廣田さんの会社にもいます。3人とも全く違う営業手法をしています。安倍さんと廣田さんがどうやってスーパーセールスを作ったか分かりません。私が自社の営業にいったことは、

・お客に頭を下げて仕事を取るな
・契約が目的ではない。今すぐに家を建てたいお客を特定しろ

なのです。

さて、ニューヨークでの話です。
安倍さんの必殺トークですが、
10分ほど女の子と話をした後、以下の質問をしました。

安 「ねえ、嫌いな人いる?」
女 「いますよー」
安 「へーどんな人」
女 「そうねー、うそつく人、独りよがりの人かな?」
安 「へー、他には?」
女 「気の強い女、人の話を聞かないやつ・・・」

安 「それってみんな君のことじゃない?」

女 「・・・・」

1分ほどの沈黙の後、女は涙を流し始めました。
次の女に移る、同じく涙。その次の女も。

私もやってみました。やっぱりなくのです。
みな、自分の中にある嫌いな部分を口にする。その現実を自分自身で見てしまう。現実に直面するのです。
人は現実を見たくない、という無意識があります。見たくない現実を他人から見せられると頭にきます。しかし、自分自身で気づくと涙するのです。

さて、この方法を商売にどう応用するのか?
住宅の例でお話します。

私たちはローコスト住宅を売っています。なので、お金のないお客が多い。多くのお客はハウスメーカーのモデルハウスに行きます。そして、自分たちは家を建てられない、という現実を目の当たりにします。そして、なぜ自分たちは家を建てられないのか?という悲しみに襲われます。そのとき、私の会社を知り、話を聞くと「俺たちでも家がもてるのか!」という救いがあるのです。

好きにならないわけがないです。私たちの会社にはほとんど合い見積もりというものがありません。初めから決めてくるお客が来るのです。だから契約率が高いし、そんなお客に対して、私たちが「お願いします」と頭を下げる必要ないし、下げると逆に変な感じです。

現実に気づかせる。そこを救う。これが最強のセールスステップです。

では、本当にこれが最強のセールスステップか?
実はもっとすごいセールスステップがあるのですが、それは明日のブログまでお待ちください。

タロさんの本が出ました。いい本ですが買わないでください。(笑)
a0024307_22111012.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-26 14:07 | ビシャスセールス
a0024307_19501485.jpg
セミナー満員御礼!ありがとうございました。
サーバーなども容量の大きいところをお借りし、万全の体制で臨んだつもりでしたが、すぐにダウン。みな様に多大なご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ありませんでした。

セミナーに申し込むために、
会社を休んだ方、奥さんと殴り合いをしたかた、子供のオムツを替えながら、3時間もなれないパソコンと格闘された方等、いらっしゃいました。私は、涙が出る思いで受注作業をしておりました。本当にありがとうございます。
セミナーを皆様の期待以上のものにし、内容でお返しします!

また、多数の書き込みありがとうございました。笑ってしまうものから、頭の下がるご意見まで本当にうれしいです。お約束したとおり、新刊「速攻ビジネス」(フォレスト出版)に、私の必殺に一言をサインし、さらに思いがけないプレゼントを一緒にお送りします。

ですが、送り先がわかりません!
私がバカだったのですが、ブログで書き込みをしてくれた方は、みな、メールアドレスがわかると思っていました。しかし、わからないのです。HPに飛べる人もいるのですが、調べ切れません。なので、お送り先を以下のアドレスにお知らせください。

12月3日発送いたします。

hira@lhouse.co.jp
郵便番号、住所、氏名、ハンドルネームを添えてください。

追伸、
写真は、今の林の状態です。申し込みが途中で終わってしまった方、申し込みをされた方への受講表の送付などの作業を徹夜で行います。まだ、手作業なのです!
もし、かわいそうだと思ったら、林に励ましの一言をいただけるとありがたいです。私とは忙しすぎて口をきいてくれないので・・・このブログにお願いします。

追伸2
正式申し込み完了されました方への受講表メール送付は明日いっぱいかかる
目安です。場所・時間などをどうしても早くお知りになりたい方には、個別に
受講表をお送りしている状態です。恐れ入りますが、受講表はもうしばらくお待ち下さい。
[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-16 19:57 | ビシャスセールス
イヤー参りました。まさかこれほどコメントをくれる親切な人がいるとは!俺って人気者なのかな?「社長それは違います。新刊とプレゼントを上げるといったからですよ」「お前ナーそんなことは分かってんの。いいじゃん少し酔いしれていたって」「でも、社長次の仕事かかってくれないと山済みです」

能力はないが口は達者なアシスタントを持つと苦労します。ちなみにアシスタント林は、北海道大学法学部自称主席、英語堪能、整理整頓ができない、一般常識に欠ける、掃除するとき男のくせにゴム手袋をする、銭湯で前を隠さない、頭の形が変、返事はいい、運転が超下手、入社した日に駐車場で車をぶつけた、しかも2度も。まあこれくらい褒めておけばいいだろう。

セミナー当日もいますので見つけたら2,3発気合を入れてやってください。ちなみにやつは空手5段です。

さて、もう書き込みはしないでください(苦笑)新刊300冊以上送らなければいけないんです。ただで、しかもプレゼントつきで。泣きそうです。いつも7-10件の書き込みで、書き込みして欲しくない人ばかりで盛り上がっていました。なので、30件は来ないだろう。と、たかをくくっていたのに、300件!プレゼント辞退してくれる人は申し出てください。一生感謝します。かわいそうだと思って・・・

これ、経費で落ちるのかなー。私億万長者なのですが、小遣い制なのです。毎月300万円しか小遣いがないので困っています。
先日も会社にヤクルトおばちゃんがヤクルトを売りに来てジョアのグレープフルーツ味を1本買ったのです。それで、120円?払うときに100万円入りの財布を見せびらかしながら払ったら、ヤクルトを入れているケースを落としてしまい、ぐしゃぐしゃになってしまったのです。
これ、作り話じゃないですよ!まあ、からかってやったのですけどね。次の日から違うおばチャンになりました。

そんな話はどうでもよくて、まあ、こんな人間なので、セミナーどうなっちゃうのかなー?ちゃんとしゃべれるかなー。練習しなければ。

コメント本当にありがとうございました。何度も何度も読みました。気合十分で望めます。
今日からは又平穏なブログに戻ります。決して訪れて、コメントしないでください。もう何もでませんので・・・

350なん通のうち、最高に面白かったのは、アンパンマンの母のコメントでした。アンパンマンの父はたいしたことないけど、母は優秀です。これからは母が前面に出たほうがいいかも(笑)

では、セミナーでお会いしましょう。当日は、ダンヒルのオーダースーツで行くぞー!ちなみに下着はしまむらです・・・

写真はニューヨークで笑わすを配ったときのもの。アメリカの新聞3誌に取り上げられたぞ!
アメリカでもやることはやってきました。!両隣は私より短期間で成功した廣田、安倍氏だ。

※トラの穴事務局 林より

今回は事務の不手際により皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
ただいま、いただいたメールにはほとんど返信できていない状況です。
メールをいただいておきましたら必ずご連絡いたしますので、恐れ入りますがお待ち下さい。

なお、何らかの理由によりメールを受信していただかなかったお客様。
大変ご迷惑をおかけしました。必ず、対応させていただきますので
恐れ入りますが、私までメール下さい。よろしくお願いいたします。

support@mmssecrets.com



a0024307_0441211.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-16 00:47 | ビシャスセールス
今日9:13分にセミナーまで24時間を切りました、という告知文を送った。別に参加をあおっているわけではないのだが、きちんとお知らせしておかないと、「何で俺に連絡がないんだ」と怒る人がいるから。

どのくらいの人が申し込んでくれるのか?不安です。あなたは申し込んでくれましたよね?まだ!こんなブログ読んでいないで申し込んでください!

はあ、はあ、申し込んでくれました。ありがとう。


さて、告知文には、このブログに意気込みを書き込んでください。と書いてあります。ぜひ書き込みをお願いします。プレゼントがあります。「毎日が利益」というタイトルに嘘はありません。今まで嘘をついたことは126回ありますが、すべて妻に対してです。ただ、全部嘘だとばれてしまいましたが・・・妻が言うには私が嘘をつくと全部わかるそうです。なぜなんだ!と聞いたら、
1.手をそわそわさせる。 2.目が泳ぐ。 3.すぐに寝たがる。 4.触りたがる。 5.怒るからわかるそうです。思い起こしてみると全部当たっている・・・

それはどうでもいいとして、プレゼントです!
私の新刊「速攻ビジネス」が12月3日に出ます。その本に私のお言葉を書き、さらに思いがけないプレゼントを沿えお送りします。タイトルが道幸武久さんの「加速成功」と似てしまいました。申し訳ありません。

面白い書き込みから、涙するようなコメントまでお待ちしています。もし、100件書き込みがなかったら、アシスタントの林に別名で100回書き込みしろと命令しました。林も忙しいので、かわいそうだと思ったら書き込みお願いします!では!

写真は私の会社での仕事風景。といってもめったに会社行かないけど。ちなみにシャツはバーバリーのオーダーです。パソコンはIBM。写真たての写真にはシホの写真がはってあります。

※事務局からのご連絡
本日の24時間前メールは、明日のメールの同時到着、そして9時13分到着に向けて
万全の体制を期すため、100名、300名、1000名とある程度のまとまりごとに、配信時間を分けて配信しております。ですので、今回のメール到着時間はバラバラになっています。

明日は9時13分から1,2分は前後する可能性はありますが、全員同時にメールは到着
いたします。ご安心下さい。

※連絡2
ただいまブログへの書き込みが多くなっておりますので、ブログの中で事務局への質問
をされた場合、返信できかねる状況にあります。質問などございましたら
support@mmssecrets.com
までよろしくお願いします。

※連絡3
ブログへの書き込み方の質問が多く寄せられておりますのでこの場にてご紹介させていただきます。
11月15日の日記に書き込みをしたい場合
①平が新聞を読んでいる写真の下にあるCommentsをクリックする
②皆様のコメントが表示される
③下にスクロールする、下に行けばいくほど最新の書き込みです
④一番最新の書き込みの下に、コメント入力欄があります。
⑤そこに、名前、パスワード(適当でかまいません)を入力し
コメントを入力の上送信を押してください。

a0024307_1540164.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-15 08:41 | ビシャスセールス