かなわない夢はない


by hira_hidenobu

<   2004年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20日 毎日泳ぐ!

私がひそかに水泳ダイエットをやっていることを誰も知らない。私の家のまん前が市民プールなのだ。今日も1時間泳いだ。泳いだというか、歩いたというか・・・
そもそも私はそれほど太ってはいないのだが、なぜか太って見える。
頭がよく見える。ハンサムに見える。それなら話はわかる。
しかし、太って見えるわけはない。身長164センチで71キロだからライブドアの堀江さんくらいだ。ちなみに堀江さんはプラダのTシャツを着ているが、私のTシャツはシマムラだ。妻が大量に買ってくるので着ないわけに行かない。せめて、ユニクロか無印にしてほしい。

誰か妻に意見をしてくれる人がいたら歓迎します。

水泳の話だっけ?
じゃなくて、Tシャツ。

私は今スタイリストを目指しているのだが、なぜそのように気が狂ったのかというと、フォレスト出版の社長が「平さん、ベストセラー作家がその服装じゃみっともない」
「では、タロさんはあのいつも同じ服でいいのか?2年前アメリカに行った時と同じズボンを今もはいている。イギリスでも同じシャツを3日着ていた」
「彼は10万部作家。平さんは30万部作家を目指すのでしょう。おのずと違います」
と、言ってはいない。私がそう感じたのだ。

写真は、フランスの町で面白いおじさんが二人いたので談笑した時のもの。
フランスのおじさんは面白いこというわ!
a0024307_2219243.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-09-20 22:19 | 自分のこと
相棒のタロさんからいつも言われることがある。
「平さんはこの手の話まったくだめね」と。
それは、占いとか精神世界の話。タロさんのおっしゃるとおりで、苦手です。
何でだめなのかと言うと、理由はないんですけど、人がこっちと言うと私はあっち、というまがった性格が災いしているみたい。

しかし!そんな私でも唯一信じているのが、ライム先生です。
神田先生が最近よくお話されている「春夏秋冬理論」の創始者です。

「自分の四季を知り、負けない運をつくる 春夏秋冬占い」という本が絶賛発売中です。
宣伝しているわけではないです。ホント、面白かったです。
「へー、俺の性格はこうなのか?いい性格だな」と、自分を振り返ってしまいました。
占いを当たる当たらないではなく、活用するという観点から書かれた、画期的な本ですね。

読んでみよう!

追伸
ビックコミック増刊号をみて1360人の方より「読んだよ!よかった!」という声をいただきました。唯一批判的な声をいただいたのが、なんと!相棒のタロさん。
「こんなきれいな人間じゃねー。出版社に抗議してやる!」
抗議するほどのことではないような気がしますが・・・

教訓:
一番親しい人が敵になる

では、今日も一日ガンバロー!
新宿の南口を出たところにあるスターバックスの線路側の外の席にて。目の前にいちゃついたアベックがいる。
[PR]
by hira_hidenobu | 2004-09-18 08:41 | 自分のこと
イヤー参りました。
漫画のような人生の私ですが、本当に漫画になってしまいました。明日17日発売のビックコミック増刊号に私が登場します。私の伝記ものですが、すでに私の手元に来ていて読みました。思わず笑い・・いえ涙ぐんでしまいました。本当によく描けています。さすが漫画家さんですね。

私の顔は実物のほうがいい(たぶん)と思います。よく小田和正に似ているといわれます。先日イギリス・フランスに行きましたが、マドマーゼルにも言われました。
面白い話があったので報告します。
イギリスからフランスに移動する時、ユーロスターに乗りました。写真はその時のものです。
なぜ私が歯を磨いているのか?

車内で私の周りは外人ばかり。パソコンを打っている方、ご飯を食べている方、談笑している老夫婦。アジア人の私など相手にもされません。「このまま無視されたままでは済まさない!」私の負けん気がむらむらと燃えあがりました。

おもむろにガサガサと音を出し、ノートを取り出しました。「さーて」と大きな声を出し注目を浴びます。さらに私が鞄の中からペンを取り出す仕草をします。回りの外人が私の方を見ています。
私は鞄から歯ブラシを出し、歯を磨き始めました。

私を見ていた外人、パソコンを打っていたビジネスマンはコーヒーをこぼしました。ご飯を食べていた老夫婦はパンを吹き出しました。
「やったー」私はその様子を見て大満足。へへへ、どうだ!という顔の私。その話を旅行に行った仲間に話したら、「あ、そ」と鼻で笑って去っていきました。
終わり。
a0024307_16472135.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-09-16 13:54 | 自分のこと

1日 人生

あっという間に9月になってしまった。そう思ったのは私だけではないはず。「え?」私だけ?
そんな事はないでしょう!あなたもそう思ったはずです。「思わない?」まあ、いいでしょう。

話は変わって、あさってからイギリス・フランスに行きます。目的はセミナーを受ける。建物を見てくる。ビールを飲む。フランス人をナンパする。イギリス人に日本語を教える。と、やることだらけです。たぶん、ビールを飲む、以外はできないでしょう。それだけは自信があります。

この日記はためにはならないと思いますが、よくお付き合いしてくれていますね。ありがとうございます。気の利いたことを書こうと思うのですが、本来気の利かない人間なので、うまくかけません。妻からお小遣いをいただくときは、気の聞いたせりふを述べます。
「お、髪型変わったね!」
「小遣いならやらないわよ」
「誰が小遣いと言った。髪型をほめただけじゃないか!」
「この前小遣い請求した時は、服を褒めたね。その前は靴」
「けなしたわけじゃないからいいじゃないか。とにかく小遣いをくれ」
「何に使うの?経費使い放題つかっているでしょう」
「オイ、大きな声で言うな。人聞き悪いぞ」
「とにかく毎月200万あげてるでしょう」

私の言い訳を書き続けても仕方がないのでここまで。
10億企業の社長でも、億万長者でも家ではこんなもんです。
あなたも安心してください。みんな普通の人間です。
だからあなたも成功できると言うこと。

成功の条件は、
1.いい妻(怖い)をもらうこと。できればB型。さらに、釈由美子似。ついでに元暴走族
2.長い時間働くこと。最低朝8時から2時まで。

これだけです。

追伸
いつものことですがタイトルに意味はありません。たがのつかみです。

写真は幻のお水取りツアーで、神社に行ったときのものです。どこの神社か、なに県に行ったのかもわかっていない僕です。
a0024307_10442546.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-09-02 01:54 | 自分のこと