かなわない夢はない


by hira_hidenobu

<   2004年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

こんばんわ。明日の分を書いています。
とにかく毎日書くの大変。毎日寝るのや会社をサボるのはきちんとできるのに、なぜ日記を毎日書くのが大変なのか?

ためになること、笑わすこと、泣かせること、そんなことを考えながら書くから大変なのね。タロさんみたいにてきとーに書いているとホンと楽なのよ。

しかも今お楽しみは明日まで!とあおって書いてるので自分の首を絞めています。タイトルもいけない「毎日が利益」ですから、利益になることを書かねばならない。
やっぱ、前の「明日のためにならない」に戻そうかなとも考えましたが、「根性なし!」「しりやけ!」「努力しろ!」などの罵声を1000ももらった日には生きていけないので、もうちょっとがんばります。

泣き言はこれくらいにして・・・

ネガティブキャッチです。私は、後ろ向きのキャッチを良く使います。「家はまだ建てるな」みたいなやつです。そのイメージがついているのでなかなか変更できないんですね。それで、最近はエスカレートしてきて、「家作りで現金を捨てるな」になってしまいました。

私達は真剣な客を求めています。ネガティブキャッチで集客すると、真剣な客だけが集まります。たまに病的な人も来てしまいますが・・・
ポジティブキャッチとネガティブキャッチはどちらがいいのか?

商品によります。欲求を満たすための商品はポジティブ。必要性を感じさせる商品はネガティブ。私はこのように使い分けています。

で、

最強キャッチですが、誰でも使えるかどうかはわかりません。
「あなたはまだ○○を続けますか?」です。「あなたはまだ寒さに震える家に暮らしますか?」
みたいに。

実はこれ、最強キャッチではありません。書いていてもったいなくなったのでナンバー127にを書きました。(すいません)

プレゼント忘れていました。明日のジョー原画復刻版額入りです。ラッキーグッズ付で送りました。
a0024307_16505422.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-30 16:54 | マーケティング
ブログを業務連絡に使うのは私ぐらいなものだろうなー。ネクタイをプレゼントすると約束したのは覚えているのですが、誰か忘れました。身に覚えのある人は連絡ください。
差し上げるメーカーは覚えているので、俺も俺もといってもだめです。

セミナーで最後のスピーチを英語でやるのですが、あ、言ってませんでしたっけ?私英語が趣味なんです。しゃべれるっとことじゃないですよ。まったくしゃべれません。ただ、趣味というだけです。英語はがんばったほうがいいです。これからビジネスチャンスたくさんあります。「俺には関係ない」という方も多いです。しかし、今は関係ないかもしれませんが、明日は関係するかもしれません。1年後かもしれません。その時準備できていないと、黄金をまた、つかみ損ねるでしょう。

成功は準備しているものに訪れるのです。

今日は「どうして作戦」の話をしようかな。
これも、セールスの天才安倍さんに教わった作戦です。まったく見事です。

モデルハウスでの会話

「すいません。居間は何畳くらいあるんですか?」
「どうしてそんなこと聞くんですか?」
「え?」

「この家いったいいくらするんですか?」
「どうしてそんなこと聞くんですか?」
「なに!」

この調子です。これ、ちゃんとした営業マンがやるのではなく、アルバイトや、職人が対応する時にすごくいいんです。
普通どこでもそんな受け答えしませんから。お客もびっくりして、嘘の客か、本当の客かすぐにわかっちゃうんです。

まあ、今日はこんなところで。セールスの小技、後116個あるから紹介するのに2年かかるなー。

明日は、誰もが参ったというキャッチコピーを紹介しよう。明日見なかったら100年損する。

写真は私の建てる家を見学に来る全国の業者さんたちです。秘密をみんな見せちゃうんです。太っ腹です!
a0024307_23202947.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-29 23:21 | 自分のこと
億万長者セミナーまで10日を切った。
いよいよ緊張してきた。緊張しすぎて寝過ごしてしまった。気が緩んでいるわけではない。単に目覚ましの時間をセットしまちがえたのだ。

妻に「おい、寝過ごしてしまったじゃないか!どうすんだ、社員に顔向けできないぞ」
「うるさいわね。まだ11時じゃないの」
「おまえ、うちの出勤時間は9時だぞ。知ってるじゃないか」
「・・・」

すいません、落ちを考えていたら、落ちを忘れてしまって思い出せないので、ここまで。

平さんは平均台の上を全速力で走っているようなものだね。といわれたことがあります。危なっかしいという意味でしょうね。
確かにそんなところもあるかもしれませんが、私結構余裕なんです。なぜかというと、その平均台を自分で作っているから。人の作った平均台なら心配なのかもしれませんが。

平均台の上を誰も走ろうと思わないし、後からついてくるにしても一人ずつ。
これ、一人勝ちの法則のひとつなのですけどね。

写真は奈良にある黄金をつかむトラです。聖徳太子様が乗ってきたトラらしい。お金儲けで有名なところです。いつかみんなで行きましょうか!
a0024307_11101198.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-29 11:11 | 自分のこと
a0024307_1543617.jpg
昨日の娘の言葉訂正します。
「お前、こんなこと書けば誰も買ってくれないだろう!
「おとうさん、なにいってんのつかみよ、つかみ!」
「おお、そうかつかみか・・・俺としたことが真に受けてしまった・・・」
「だからお父さんは1流のマーケッターになれないのよ」
「そ、そうだな・・・」

と、なぜか納得してしまった私です。家では子猫状態です。

今日は疲れたので、まじめな話は抜きです。かといって書き込みで「まじめに書け!」「600字以内は最低ノルマだ」「約束は守れ」などの攻撃しないでくださいね。
また、落ち込みますから・・・

私、落ち込むと10日ほど雲隠れするので・・・

アシスタント林 「社長、セミナーのパワーポイント早くやっつけてください」
平 「お前にえらそうに言われることはない。俺だってやりたいが、リアルを読んでしまわないと手がつかない」
アシスタント林 「何がリアルですか?現実をリアルに受け止めてください。また漫画に逃げる気ですか」
平 「失礼なことを言うな、これでも社長だぞ」
アシスタント林 「実質的な社長は奥さんかと思っていました」
平 「・・・」

明日日記書けるかどうか自信がありません・・・
[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-28 15:06 | 自分のこと
a0024307_14122141.jpg

いよいよ3年間の封印をとき私の新刊が登場します。この内容は3年前に完成していたのですが、話せなかったんです。神田先生から書く許可が下りませんでした。

それほど危険なビジネスモデルです。はっきりいって劇薬です。
危険を承知!という方はぜひお読みください。

さて、昨日の続きでさらにすごいセールスステップですが、
人はどんな時に行動するのか?

怒り→悲しみ→思考→行動

というステップを踏みます。ちなみこのセールスステップを使う場合は、商品を買う必要性を感じているお客をつかむ場合です。欲求を感じているお客には使えません。必要性を感じているお客は、お金の高い安いが問題ではなく、誰に頼めばいいのか?どこで買えばいいのか?に視点がいっています。なので、そこに焦点を当てるのです。

なぜうちは家をもてないのか!→なぜ、私達だけが・・・→他に方法はないか!→ここで私達の広告を見る→即見学会に来る

ここからは、簡単。

「何かお困りのことでもあるんですか?」
「○○××」
「他にどんなことでお困りですか?」
「××○○」
「ご苦労されたんですね。でもその問題は簡単に解決できます。話をお聞きになりたいですか?」
「ぜひ聞かせてください」
「では、こちらへどうぞ・・・」

完全に、はじめから、お客と対等の立場で話が進んでいきます。

さて、ここからが面白いところ!次のステップは実は説明ではなく契約なんです。お客にあなたにませると約束をさせてから、説明に入る。ここの魔法のセールスステップはセミナーでお話します。

しかし、なんと世界にはさらに驚きのセールスステップがあったのです!これはセミナー当日アメリカから来ていただく天才マーケッターR師に教わったセールスステップです。まさに目からウロコの簡単な方法です。その方法とは・・・

明日のブログをお待ちください。

イヤー段々どこかのテレビと似てきましたね。
本当はこんなことやってる場合じゃないんです!セミナーの段取りで死に物狂いです。アシスタントの林がついに切れそうだったんで、(なにせメールを3000通以上打ちましたから)新しいパソコンを買い与え、やっと落ち着きを取戻しました。(ボーナスでひかねば・・・)

ではまた明日・・・書けるかな?
[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-27 14:06 | セールス
さて、今日こそタイトルの話を書くぞ。
安倍さんは、セールスの天才です。

が、

中学のころから東京で丁稚に出ていたのですが、根性がなく、逃げ帰ってきました。(成功するものは根性がある、というのは必ずしもあたっていません。)その後、S便に勤め全国2位の成績を納めました。ガソリンスタンドに勤めても新しい販売スタイルを確立しました。

その後住宅会社に移りセールスの天才性を発揮しだします。
そして独立。3年で10億円。今は80億円の売り上げに上方修正し動き始めています。
彼のセールス手法は独特なのですが、誰にでも出来ます。

彼の会社にも年間30棟以上を受注する営業マンがいます。私のところにも廣田さんの会社にもいます。3人とも全く違う営業手法をしています。安倍さんと廣田さんがどうやってスーパーセールスを作ったか分かりません。私が自社の営業にいったことは、

・お客に頭を下げて仕事を取るな
・契約が目的ではない。今すぐに家を建てたいお客を特定しろ

なのです。

さて、ニューヨークでの話です。
安倍さんの必殺トークですが、
10分ほど女の子と話をした後、以下の質問をしました。

安 「ねえ、嫌いな人いる?」
女 「いますよー」
安 「へーどんな人」
女 「そうねー、うそつく人、独りよがりの人かな?」
安 「へー、他には?」
女 「気の強い女、人の話を聞かないやつ・・・」

安 「それってみんな君のことじゃない?」

女 「・・・・」

1分ほどの沈黙の後、女は涙を流し始めました。
次の女に移る、同じく涙。その次の女も。

私もやってみました。やっぱりなくのです。
みな、自分の中にある嫌いな部分を口にする。その現実を自分自身で見てしまう。現実に直面するのです。
人は現実を見たくない、という無意識があります。見たくない現実を他人から見せられると頭にきます。しかし、自分自身で気づくと涙するのです。

さて、この方法を商売にどう応用するのか?
住宅の例でお話します。

私たちはローコスト住宅を売っています。なので、お金のないお客が多い。多くのお客はハウスメーカーのモデルハウスに行きます。そして、自分たちは家を建てられない、という現実を目の当たりにします。そして、なぜ自分たちは家を建てられないのか?という悲しみに襲われます。そのとき、私の会社を知り、話を聞くと「俺たちでも家がもてるのか!」という救いがあるのです。

好きにならないわけがないです。私たちの会社にはほとんど合い見積もりというものがありません。初めから決めてくるお客が来るのです。だから契約率が高いし、そんなお客に対して、私たちが「お願いします」と頭を下げる必要ないし、下げると逆に変な感じです。

現実に気づかせる。そこを救う。これが最強のセールスステップです。

では、本当にこれが最強のセールスステップか?
実はもっとすごいセールスステップがあるのですが、それは明日のブログまでお待ちください。

タロさんの本が出ました。いい本ですが買わないでください。(笑)
a0024307_22111012.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-26 14:07 | ビシャスセールス
今日はガツンといくぞ。
ないものを作る。これ、ゼロから物を作るという意味ではない。われわれ凡人はゼロから者を作ることを考えないほうがいい。遠回りになるからだ。
事商売に限っては成功まで、儲けの道は最短距離を進まなければならない。

私が工務店1年で地域ナンバー1にすると考えたとき、あ、ここ重要なんだけど、日本一にと考えたら、全く戦略は違うからね。日本一を目指すなら小手先のテクニックではなく、体力、気力、資金力すべてに物をいわせブルドーザーのように進まなければならない。


しかし、地域1番点になるくらいなら、小手先のテクニックでまずは十分なのだ。
テクニックその1
学歴を作る。

私は専門学校卒、廣田さんは35歳で高卒、安倍さんは大きな声ではいえないけど、中学を卒業していない。理由は、そのうち本人から書き込みがあるでしょう。
億万長者になるには学歴は必要ない。しかし、あったに越したことはない。かっこいいし。

私、今中央大学法学部通信教育課の学生です。なぜ学生になったのかというと理由がある。NPO法人「住宅法律相談室」を立ち上げたかったから。

中央大学に入るには年間8万円では入れる。たぶん卒業は出来ない。勉強しないので・・・
4月と10月に受付がある。
私はこの話を廣田さんから聞いてすぐに入学した。
私の友人知人は数十人中央大学の学生です。

これ、名刺や、チラシ、DMに書くと効果100倍。
勉強家なんですね!ガンバているんですね!中央大学なかなか入れないですよね!(そうでもないです・・・)

この学校を首になったら次は慶応大学に入学します。

このブログ内だけの話にしてください・・・

さて、あすは安倍式、女性を絶対に泣かせる、部下をあなたに心酔させる超話法をお教えしよう。彼はニューヨークでこの話法で次から次へ女性を口説いていきました。マンハッタンの超高級クラブへ行ったときも、彼の周りに行列が出来、私たちの周りから女が消えました。

しかし、支払いは私でした・・・
a0024307_23514963.jpg

この男性も安倍さんがくどき、この後夜の街に消えていきました・・・
[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-24 23:59 | マインドセット
あれがない、これがない。それは無理、あれは出来ない。
こんな言葉良く聞きますよね。私も良く使いますが(笑)
私の場合は整理整頓が出来ないので、ものがどこかに行ってしまうのです。勝手にどこかに行くわけないので、私がしまい損ねているだけなのですが・・・

成功したお祝いにラスベガスへ行きローレックスの時計を買いました。60万円くらいだったと思います。ラスベガスで1日はめて、次の日になくしました。日本に帰って妻に3時間正座をさせられました。子供にも罵倒されました。
私は居眠りをしながら聞いていました。

それ以来、時計は持っていません。(古いブルガリはめています)まあ、自分のせいなので仕方ないですが・・・

何を言いたいのか?お金があることを自慢しているわけじゃないですよ。だらしなくても、忘れっぽくても、整理整頓が出来なくても、成功できるってことを言いたいのです。
得意なこと、やっていて苦にならないことをやり続ければうまくいくのです。

やっていて苦しいことは長続きしませんし、つまんないです。得意なことは、裏の裏まで知っています。だから、お客の質問には皆答えられます。かわすことも出来ます。
得意なことがない?
では、出来るまで10年は同じ仕事をしてください。誰にも負けない技術を身につけてください。それが自信になります。ちなみに私が人に絶対負けないもの、それは、根性でも、建築の知識でも、ナンパ術でもありません。それは、ズバリ!顔です。だめですか?

人に負けないもの。それは製図力です。家の図面を誰よりもきれいに早く書くことが出来ます。設計力はありませんが、書くのが正確で早いのです。人に負けないもの、それを身に着けてください。自信になります。

独立も成功への一歩もそれからです。億万長者の資格は、得意なことがあること、これが絶対条件です。

あ、またタイトルと違うこと書いちゃいました。「ないものは作る」これ私の得意技なのです。この話を聞くとみな、あきれ果てます。でも、まねして始めます(笑)

明日詳しくお話しましょう。

そうだ!億万長者の条件、大切なものがありました。それは、「ハンサム」であることです。
では、証拠をお見せしましょう!
a0024307_19533946.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-23 20:00 | マインドセット
ブログの書き込みを読んでいると、自分の甘さにうなだれることがあります。
植物人間になったいとこさん、そのほかにも重い荷物を背負った人、多いと思います。荷物の重さに多少の違いはあれ、みな何かを背負っている。でも、泣き言を言っても何も解決しない。でも、泣き言も言いたいです。

私なんか毎日妻に八つ当たりしています。よくがまんしていると思います。(あまりがまんしていませんが・・・)

お金が解決する問題も多いです。いいでしょう!私のセミナーでぜひ何かをつかんでください。本業で成功する方法。本業の成功から生まれる新しいビジネス。短期間で勝つための方法。全部しゃべります。しっかりと受け止めてください。

億万長者になるためには大切な心構えがあります。多くの億万長者に共通したことです。
プライドです。プライドが邪魔します。

商品やサービスに対するプライドは絶対に必要です。私もローコスト住宅を自信を持って売っています。しかし、そのほかの事に関しては全てのプライドを捨てました。なので、どんな人にでも教えてもらう時には頭を下げます。謙虚に話を聞きます。全てを吸収したいからです。素直な気持ちを持つと、本当に今まで見えなかったもの、知識、その人の心のひだまでも感じることができます。

素直さ。億万長者の特質です。頑固さは70歳からでいいでしょう。

今日の言葉
「お金は大切なものだから、悪いやつに渡してはならない」
アメリカの牧師の言葉より・・・

a0024307_283451.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-23 02:07 | マインドセット
しかし、大変です。泣き言を言わせてください。聞きたくない?そんなこといわないで聞いてください。お願いですから。

泣き言はメールです。今回のセミナーでは、初めにメールで申し込みいただきました。なんと!そのメールの打ち込み間違い、アドレス間違いが、山のようにあるのです。私があわてさせたというのも原因ですが・・・
なので、そのメールアドレスに連絡をしても返事が来ない。申し込みの時のアドレスと違う。(もし、愛人のアドレスを借り、そのメールに当方が返信してしまい、浮気がばれても私の責任ではありません)

メールって便利なようで便利じゃないものなんですね。

さて、こんな意見がありました。
「エルハウスさんは高額商品を売っているから、平さんは億万長者になれたんです」
多くの方がそう考えているかも知れません。しかし、違います。私達は確かに1500万円ほどの家を売っていますが、粗利益で22%ほどのもの。経常利益で5%程度です。つまり10億売っても2億2千万円の粗利益。そこから経費を1億7千万円ほど引けば残りは5千万円です。つまり経常利益は5千万円です。もちろん私の給料も経費に入っています。

これでは、億万長者の年収は不可能。(すいません、このブログ地元のお客様も見ているので、ほどほどに話します)

どこから私の給料は出ているのか?そのほかの収入があるのです。

エルハウスには、会社に新しい儲けを生み出すシステムがあります。そして、そのほかに二つの会社の役員をしています。その報酬として○○円になるのです。

10億円の売り上げから得る利益と同等の純利益を生む。この方法を話すと皆たまげます。本当に出来るのか?そんなことをして会社は大丈夫なのか?実際に今も順調にやっています。

この方法は、すでに商売で成功している人しか使えないものです。なので、まず自分の商売を成功させる必要があります。

無料セミナーでは、今の商売を大繁盛させ、利益を得る方法を主にお話します。そして、午後のセミナーでは、「この方法」「数ヶ月でライバルの真似の出来ない自社のポジションを築く」などの話をしていきます。

さて、話は変わって、

「ムダば努力」についてお話します。
私は自分で努力家かどうかよくわかりません。何せ仕事が好きなので、どんなことも苦労と思えないのです。セミリタイヤとか、ハワイでサーフィンなんて考えられません。遊んでいてもぜんぜん楽しくないからです。

といってもこれ、私だけの話じゃないんです。タロさんは、有名な話ですが、子供の運動会で日経ビジネスを読んでいるそうです。子供の活躍も見ずに・・・

私が言っていたとは言わないでほしいのですが、事実です。
ちなみに私は、ビールを飲みながら日経ベンチャーを読んでいて、子供との共同競技をすっぽかしました。妻に火のように怒られたのは言うまでもありません。

アー疲れた。ここでやめます。またタイトルの話が中途半端になってしまいました。いつものことですが・・・

ではまた。完全に話が皆中途半端でした。明日からは、本当に今すぐ使えるノウハウを絶対に書きます。明日また来なければ絶対に損します。

写真は私の書庫です。
a0024307_2227849.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2004-11-21 22:31 | マインドセット