かなわない夢はない


by hira_hidenobu

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

んー、斎藤一人サン。本やCDの声のイメージとはかなり違いますね。一言で言うと、脂の乗り切った悟りの人。という感じでしょうか。

今回、斎藤一人塾、寺子屋塾というのに参加しました。会員さんの木下さんのご尽力です。2次会にまで参加できました!

まあ、いろいろなきづきがありましたが、最大の気づきは、
「凡人がなぜ成功するのか?」という点です。
この永遠のなぞが解けましたね。

ここでお話しするのは、少しもったいないので、いつかお話ししますね。
斎藤一人さんは、本物でした。
10人のお弟子さんたちもまあ、個性的、個性的。
皆さん億万長者らしいですが、わずか10人!

私は、何百人もの億万長者を輩出するのが目標ですから、がんばらなければ。

追伸
会場で何十人もの方に声をかけていただきました。
「あれ、平先生ではないですか?」
「あ、あの人、いつもトムクルーズっていってる偽者でしょう」

まあ、いい事なのか、悪いことなのか・・・」
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-31 21:51 | 自分のこと
こんにちは。エリックです。
日中は、茅野もめちゃめちゃ暑いです。

さて、5月14日(土曜日)
あの伝説の英語セミナー「あなたも180分でネイティブになれる!?」
を開催されました、高木先生が、このたび本を出版されました

http://www.eigomimi.com/eigokabe.html

英語学習の常識をくつがえす本です。
・新たな発想が、ほしい人
・英語勉強に、行き詰っている方
には、おすすめしたい本です。参考にされてみてください。
いつもありがとうございます

エリック

追伸
早稲田の大嶋がプロデュース
「平秀信の億万長者の英語」がいよいよスタートします
お楽しみに!

*****************

ご連絡:福岡でかなり非道徳な結果主義マーケティング勉強会が始まるようです。連絡先は以下まで。がんを乗り越え戦っている山口さんが主宰です。
ikimono@s6.dion.ne.jp

各地の勉強会のアドレスをこのブログと3倍クラブのほうにもアップしますのでお待ちください。真剣な会には私も手弁当で参加して活を入れに行きます!

連絡2:
東京インプロビックでまた人が足りなくなってしまいました。
一人のSEで運営するつもりが、

1.手のきれいな事務員の女の子が入り
2.美人のライターが来て
3.英語のぺらぺらな無職の×1やろーが、居候し
4.早稲田の大島がバイトに来て

もういいだろうと思ったら、顧客サポートの係りが足りなくなってしまいました。
なので、顧客サポート担当者を募集します。
条件は、

1.声がきれいな女性
2.クレームなども上手に対応できる
3.マーケティングに興味がある
4.お金儲けの秘密をまじかで見たい

という方は、support@mmssecrets.comまで、ご連絡ください。追って、募集要項など連絡いたします。

追伸
毎日暑いです!しかし、気合で乗り切ろう!私はアイスクリームで乗り切ります。

a0024307_18532015.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-29 18:34 | マーケティング
先日名古屋のゴールデンしゃちほこ会に呼ばれて行って来ました。

呼ばれなくても行こうと思っていました。もし、呼んでくれなかったら、なぜ呼んでくれないのか、400字以内にその理由を書いて送れ!と電話しようと思ったが、

「400字も必要ない。役に立たないから・・・」といわれたら、立ち直れそうもないので、それは言わないでおいた。

ゴールデンしゃちほこ会は、名前からして胡散臭いし、儲かりそうもない。
東京のように洗練された名前ではないし、(ちなみに、東京の勉強会は、「東京やったもん勝ちクラブ」これは、私が冗談で言ったら、そのままつけてしまった。決していい名前だと思っていったわけではないのに・・・ただ、口が滑ったのだ。私の影響力がかなり高いのだなと納得した)

略してGS会という。GS会はよく知らないが、非常にいい会らしい。リーダーのアリカさんが、そういっていた。もしかしたら、そう思い込んでいるだけかもしれない。

彼は、自分が外人の女の子にもてると思っているらしいが、皆はそう思っていない。
アリカさんは人柄も、顔もいい。胸毛もすごい。胸毛で編み物ができるらしい。

GS会は、真剣な勉強会です。私が話をしたときにもみな一言一句を漏らすまいと、メモをしていた。参加者253名中、251人が私の話をメモしていたのではなく、自分の仕事をしていたという話もある。

私の話は、自分で言うのもなんだが、かなりためになる。
どんなところがためになるかというと、
1.よく眠れる
2.時間をつぶすことができる
3.こんな人でも成功するのか!と自信がもてる

他にも126個ほどためになることがあるが、どんなことかよく覚えていない。

あまりにも熱くて、真剣にマーケティングの話をしてしまいました。
今回はここまで。
a0024307_17341834.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-27 17:35 | マーケティング
多くの人が、成功の雛形を求めています。
成功法則をテンプレートにし、その通りにやっていけば、成功が近いでしょう!そのように思います。しかし、成功法則は、星の数ほどあります。先日「図解経営者」というムック本を読みました。スティーブ・ジョブからホリエモンまで様々な成功例が出ていました。

60弱の成功例でしたが、その方法は皆違いました。

どれも違うのです。彼らのほかにも成功者はいるでしょう。
3000万円の成功者から数千億円の成功者まで・・・

大切なのは、
1.雛形
2.パターン
3.システム
4.テンプレートなどではないのです。

私の師匠であるミスターXは言いました。

「平さん、システムは壊すために作るんです。平さんの会員さんたちは、成功のテクニックを求めようとしますね。はじめはテクニックを教えてもいいでしょう。しかし、一定の時期が来たら、テクニックではないことを教えてあげてください。そうでなければ、彼らの成長はありません」

老子も言います。「政治や軍事など人と相対する時に、もっとも有効な形は無形である」
(神田昌典、マーケティングニュースレターより)

安易なパターンを身に付けないで、本質を知らなければなりません。

本質とはなんでしょうか?

例えば、「コピーではなぜ○○・・・とか、もしあなたが○○だったらどうしますか?」などの問いかけは有効である。ということを話すと、「そうか、もし、という言葉を使えば、反応が上がるのだな!」と考えます。

使わないより使った方がいいでしょうが大切なのは、「なぜ、『なぜ?」という言葉を使うと人は反応するのか?」という人間の感情の動き、心のあり方を知ることなのです。

そうすることで、どんなお客にもどんなときでも適切でかつ効果的なマーケティング手法を使うことができるのです。

人が何を考え、どういうときにどう動くのか?

その深い部分を考える癖を付けてください。そして考えた後には、具体的な方法を紙に書き出し、即行動に移す。

頭で考え、手を動かすのです。
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-24 13:18 | マーケティング
ついに出ました!神田先生の最新本。

私も待ちに待ちました。
今までの神田先生の本とは違う、なにやらすごさを感じています。

あなたも今すぐ本屋さん、アマゾンへ!

以下神田先生より・・・

いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。
このたび、2年越しで取り組んでいた新刊
「人生の旋律 ~死の直前に老賢人は何を教えたか?」
が上梓されましたので、ご案内申し上げます。

 本書は、私の師匠【メンター】であった、近藤藤太氏の生き様を
描く物語です。彼は戦後、一大商社を創業した伝説の実業家ですが、
昨年11月に88歳にて他界致しました。
私は彼の晩年の3年間、お付き合いさせていただきましたが、
お会いするたびに、震えるようなインスピレーションの連続。
電撃を受けるような体験でした。

彼の偉大な魂、そしてエネルギーを、みなさんと共有するために、
この物語を書きました。

今回は、いままで私が著してきたビジネス書とは、少し
趣きが異なります。
開いてみて、ビックリされるかも知れませんが、中心テーマは
戦争であり、そして戦後です。

なぜ神田昌典が、戦争について書くのか、と疑問に思われるかも
知れません。その理由は、極めて実利的なものです。
戦争体験者が経験した知恵 - 価値観が根本から変容する時代
を生き抜いてきた力は、いまわれわれが経験している価値観の変化
を乗り越えるうえで、直接的に役立つからです。


戦争自体に焦点を当てるのではなく、そこから、いま生きて
いくために何が学べるかに焦点を当てています。彼の生き様から
深い知恵と勇気が学べることと思います。あなた様に、
お読みいただければ、とても嬉しく存じます。そして読後に、
何かお感じになることがあれば、ご感想・ご意見を私、そして、
ほかの読者の方々と共有いただければ幸いです。
執筆は楽な作業ではありませんが、その作業に取り組むエネルギー
を、「あなたの声」をいただくことで、受け取ることができます。

感想欄をご用意いたしました。
お返事することは叶いませんが、一通一通、真剣にお読み致します。

神田 昌典


▼ 神田昌典 1年ぶりの新刊
「人生の旋律 ~ 死の直前に、老賢人は何を教えたか?」
いますぐ、まえがきを、お読みいただくことができます。
http://www.livinghistory.jp/prologue.html


▼アマゾンで購入する方は、こちら。
http://tinyurl.com/7jgtl

この方が私が書いた今回の本の主人公、近藤先生です。
a0024307_1193454.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-21 11:03 | マーケティング
山口さんいい顔してますねー!

山口さんは、自らの不治の病と闘い、爆弾を抱えながら必死で
商売をされています。バリセミナーでは、コバンザメのように私にひっつき、
離れませんでした。

億万長者へ最短距離で歩んでください!

a0024307_1133532.jpg

[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-17 11:03 | 自分のこと

帰ってきたよー

ただいま帰りました!
詳しい報告は明日からしますが、いやーアメリカのマーケティング事情恐るべしです。
2134個のきづきを得、その場でかなり実践を積んできました。

今日一つだけ。

「where is my kimch ?」

俺のキムチはどこだ?

この一言は強烈でした。

同行してくれた3倍クラブのTAD金子氏の見事な調査のおかげで、何十回と行った海外旅行の中でも最高の1週間になりました。

まさに非道徳!ラスベガスの娼婦から学ぶ最高のビシャスセールスは、あなたの売り上げを30分で5倍にすることでしょう。

では、明日から。

つかれたべー・・・
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-10 21:43 | マーケティング

thank you baby!

最高のコミットメントありがとう。
私が何をやらなければならないのか?
もう一度考えることが出来ました。

多くの人が壮絶な人生を歩んでおられます。私ならもう無理・・・そう思うコメントも多くありました。しかし、みな、あきらめないで挑戦する。志が東京タワーの100000倍も高いです!
共にやりましょう!

さて、プレゼントですが、

私のベスト本は、建永さん。力石徹は山口さんに差し上げます。送り先を林まで連絡ください。
何度も、なんども読み返しました。そのたびに、目の前が曇りました。
妻とも語り合いました。妻をほめることは、気恥ずかしくなかなか出来ませんが、感謝しています。

追伸
今は、ビシャスセールスセミナーを東京で行っています。参加者の皆さん本当に優秀です。最年少24歳の起業家がいます。真綿に水を注ぐがごとく吸収しています。今の20代はすごいです。しかし、40代の参加者も負けていません。間違いなくトップセールスになる人たちばかりです。

あさってからはアメリカです。1週間留守をします。アメリカからメールを送ると思いますが、あまり期待しないでください。
1.ラスベガスに会社を作る方法
2.ラスベガスで老人だけが住む町を見学
3.アメリカで家を買う方法。そしてそこに暮らし、仕事をする方法
4.○○を○○に売る方法
などをレポートできると思います。

では。
[PR]
by hira_hidenobu | 2005-07-02 22:13 | マーケティング