人気ブログランキング |

かなわない夢はない


by hira_hidenobu

林です (精神と肉体の痛み)

こんにちは、

アシスタントの林です。

先日、母国日本を捨ててアメリカ、ニューヨークに
移り住みました。

そうです。

全てを捨てたのです。

正直言って、母国を捨てる事に躊躇しなかったといえば
嘘になります。

今まで慣れ育ってきた環境をすて、新たな環境に身をおき、
新たな人生、チャンス、をものにする事にしたのです。

平社長はいつも生まれ変わっています。

平社長は常に新しい自分を見つけようと模索し
新しいマーケティングをテストしています。

そんな社長の下で信頼を得ているアシスタントとして
働いている私がいつも同じではいけないと気が付いたのです。

私は生まれ変わります。

私は一人のアジア人として、

一人の日本男児として、アメリカという国で戦う事にしたのです。

以下の写真は今の私です・・

皆さん、今の私はどう思いますか?

意見をください。 

一番、面白い意見をくれた人には私が特別にアシスタントマインドセットを教えます。
(このテクニックを使うとどんな仕事も苦になく、こなせる自分になれます)

今すぐ意見をください。
a0024307_144278.jpg
a0024307_1441771.jpg
a0024307_1442853.jpg
a0024307_1443674.jpg
a0024307_1444585.jpg



{精神と肉体の痛みについて} 5月7日、修行を行う


今日の修行で学んだこと

「痛み」をいかにコントロールするかについて

まず、今日私が行ったことをお話します。
今日思い立ったことは、肉体的な痛みを体験することです。

偶然痛みに遭遇するのではなく、さぁ、痛みを体験するぞ。
と痛みに対してあえて自分から向かうことにしたのです。

具体的には、30分、黒帯体得者にボディー、ローを
滅多打ちにしてもらいました。

そして、20分、すねを皿で強打し続けてもらいました。

武道をされている方なら、道場などで日常的に体験されていることでしょうし、
今まで武道の体験がない人にとっては、なぜそんな馬鹿なことを?
何の意味があるんだ。ということだと思います。

こんなことを思い立ったのにも理由があります。

ビジネスで成功するために最重要なマインドセットのひとつとして
「精神的な痛みに影響されていはいけない」
ということがあります。

失敗するかもしれない、人に批判されるかもしれない。
罵倒されるかもしれない。そんな恐れに、影響を受けることなく
冷静に状況を判断できなくてはいけないのです。

言葉で言うのは簡単ですがそのようなマインドセットどう培っていけばいいのでしょうか?
また、あなた自身は、精神的な痛みや恐れに影響されることなく、判断を下していると
思われますか?


精神的な痛みの一番厄介なことは形がはっきりないことです。
なので、知らず知らずの間に、影響を受けてしまっていることがあるのです。

たとえば、本当は人の批判を恐れてやめておこうという判断を下している
ケースでも、状況を冷静に判断するとまだ時期尚早である、といったように
別の理由を下に判断していると思い込んでしまうことがあるのです。
実はその痛みへの恐れが、一番判断に影響を与えているとしても
本人はまったく意識していません。

しかし、肉体的な痛みは別です。痛みが、思考に与える影響というのが
はっきり出てきます。

私も、上記のトレーニングを行いながら、アメリカの大統領を5人上げよ。
などと質問をされましたが、まったく出てきません。
痛みが邪魔をして、まったく正常な思考力を保てないのです。

トレーニングを続けていると、精神を統一すれば、痛みは何とかぼやけてくるのですが
何かを考えようとすると、とたんにその痛みは大きな邪魔となります。
痛みが脳みその、98%を占めて、その他のことを考えるのは困難を極めます。

一流の武道者は、痛みを快感にかえているという話を聞きます。
痛みを受け続けると、脳がストレスでおかしくなってしまうので
それを、痛みとして受け付けなくなるのです。これにより完全に
痛みからの影響を排除することができるのです。

しかも、脳にとっては、精神的な痛みより、肉体的な痛みのほうが
100倍は強烈です。肉体的な痛みを克服できれば、精神的な痛みには
ある程度不感症になることができるのです。もちろん、人の痛みが
わからなくなるというわけではなく、全てを冷静に考えることが
できるようになるのです。


廣田先生が精神的に強いわけ、なぜあそこまで儲けることができるのかも
そこに秘密があります。廣田先生はプロのキックボクサーをやられていました。
痛みをコントロールすることに関しては、プロ中のプロです。今までトレーニングのなかで
想像できないほどの量の痛みを受けてそれを乗り越えられてきました。

だから、同じ、ダイレクト・マーケティングという手法に出会った人の中でも
それを精神的な痛みに全く惑わされず実践することであそこまでの成果を
あげられたのです。精神的な痛みに影響されずに、正しい方法で
実践を行えば確実に成果が出せるという証拠だと思います。

実にシンプルで原始的に思える方法ですが、確実な効果があります。
皆さんが「痛み」をどうコントロールされていくかを考える上で一助となれば幸いです。
by hira_hidenobu | 2006-05-07 14:05